GALAXY S11に1億800万画素カメラか、シャオミと共同開発

サムスン電子が来年2月に公開するとされているGALAXY S11プラスモデルには1億800万画素ブライトHMXセンサーカメラを装着するようだ。
 サムスン電子の携帯機器の情報に精通した、中国のTwitterアカウントであるアイスユニバース(Ice universe)は9日、Twitterで、GALAXY S11プラスバージョンにシャオミと共同で開発した1億800万画素センサーに最適化したカメラを搭載すると伝えた。
 S11プラスに搭載予定の1億800万画素センサーは、従来のアイソセルブライトHMXよりも価格が高く性能に優れた1.3分の1インチモジュールにシャオミノート10(Xiaomi Mi Note 10)に比べて最適化レベルが高いと付け加えた。

 このカスタムセンサーはサムスンモデムのみに搭載されるとの見方も出ている。

コリア・エレクトロニクス

コリアエレクトロニクス(KOREA ELECTRONICS)は韓国の電子産業専門の日本語メディアです。サムスン・LG・SKハイニクスなどによる電子産業(半導体・ディスプレイ・バッテリーなど)の動向などを日本語でワンストップで伝えます。日韓および東アジアのWin-Winに資することが運営理念です。